前回のブログでご案内をした丸善ゼミナールには満席以上の皆様にいらして頂き本当にありがとうございました。
ゼミナール後、まだ大腸がんの術後2か月あまりで初めてのゆっくりの外出、不安だったという方にお声をかけて頂けました。
12年前を思い出しました。
最初の手術後すぐ、友人が関わるイベントのため名古屋ドームに出かけ、人の多さと、アリーナの端から端がくたびれてしまい歩けない体力のなさに情けない思いをし、帰路についた、あの時を思い出しました。
傲慢かもしれません、おこがましいかもしれません、けれどこういう思いを同じ経験をされた皆さんと共有をしたく本を書いたのだと改めて思わせて頂きました。
読者さんにお会いできる貴重な経験、お越し頂いた皆様、丸善さん、出版社さん
本当にありがとうございました。
12年前の今頃、まだ点滴に繋がれベッドでへたばっていたあの時の私からは想像もつかない今ですが、こんなに元気な私が現在います。
がんを経験しなんだかその前と後で大事な思い出さえ分断されたような気持ちでおり、今だに戸惑っている過去がありますが、今日は素敵な素敵な過去が繋がるご一緒がありました。
私の本を出して下さった出版社さんが編集をされた「キュンすけのおくりもの」の絵を描かれた小島加奈子さんが、偶然にも共通の友人であるみかちゃんとアピースオブパイにいらして下さったんです。
私は大学入学当初からお菓子の道に進みたくて、大学には実は思い入れがあまりなかったのですが、母校愛知県立芸術大学で学んだ事、同窓生さんである小島加奈子さん、みかちゃんとこんな3人でご一緒できた事とてもとても誇りに思えました。
節分の今日新しい春を迎えられたようで本当に嬉しい一日でした。
明日は立春です。

ポチっとよろしくお願い致します。
d0367369_22190468.jpg
左から高野久美子、小島加奈子さん、私のお店のデザインを一緒に考えてくれた親友みかちゃんです。
d0367369_22190582.jpg

丸善名古屋本店さんにて。
後ろ姿は本、本屋さんの楽しさを伝えたいと色々なイベントを企画されている店長さん。

[PR]
# by kumipotpie | 2018-02-03 21:43 | Comments(0)

先月にもご案内させて頂きましたが、明日1月21日、丸善名古屋本店さんにて「泣いて笑って食べた」出版記念のミニトークショー丸善ゼミナールに出させて頂きます。
なぜ本を出したか、本の中でもご紹介しているレシピのコツなど楽しくお話したいと思っています。
定員まであと2.3名様とお聞きしております。お買い物のついでにお気軽にお立ち寄り下さい。
丸善さんにてお会いできる事を楽しみにしています。
こちらにも⬇︎ぼちぼちっとよろしくお願いします。
d0367369_15020297.jpg

d0367369_15020353.jpg

d0367369_15020531.jpg



[PR]
# by kumipotpie | 2018-01-20 14:54 | Comments(0)

本「泣いて笑って食べた」の出版社さんが編集をされた絵本「キュンすけのおくりもの」を読みました。
実はこの絵本の絵を描かれている小島加奈子さんが「泣いて笑って食べた」を読んで下さり、感想を出版社さんから頂いていたのですが、
「大腸がんステージ4などという闘病記を読むのは怖いと思っていたけれど、重いテーマでありながら、洗練された刀で武士がバッサバッサと斬り込んでいくような潔さ、かつユーモアある軽妙な文体を凄いと思い感動しました」と書いて下さっていました。
武士がごとくバッサバッサ、、、ぷぷぷぷぷ。
出版社さんも私も吹き出してしまい、あまりにその感想が嬉しく次の日親しい友人に話をしていると、なんとその友人は小島加奈子さんと大学デザイン科の同級生さんだとわかったのです。
友人は「加奈子さん凄い!クミちゃん(私)に会っていないのにクミちゃんの性格まで言いあてているよう」と。

えっ?!(笑)

学部年代(私が随分お姉さん)は違えども私も同じ愛知県立芸大の同窓生ですし、、、。
偶然にも繋がった?引き寄せられた?ご縁を嬉しくありがたく思いながら、今ジュンク堂書店さんで「キュンすけのおくりもの」原画展が行われている事も知りすぐに足を運びました。
小島加奈子さんは現在北海道在住、住んでいらっしゃる森にはキュンすけのような小鳥や小さな生き物がいっぱいいるんだろうなあと思わせてくれる絵本の中の風景を仕事帰りに眺める事ができ、優しい気持ちで1日を終えられました。
「キュンすけのおくりもの」には病院の庭に巣を作ったムクドリのお話がでてきます。
私も入院中、病棟と病棟をつなぐ回廊にムクドリの巣があり、赤ちゃんムクドリがお腹すいたお腹すいたって顔を出しているのをよく眺めにお散歩に行っていました。
病室からは遠い場所でしたが、赤ちゃんムクドリに会いたくて、まだまだ歩くのが辛い頃でも夕方の日課にしていました。
今は病棟の増築でその回廊はなくなりましたが、近くを通るとあのムクドリ家族がいてくれた、回廊のあった場所に目がいきます。
あの赤ちゃんムクドリたちは今は大人になってどこを飛んでいるのでしょうか。
日本?シベリア?南の島?
「キュンすけのおくりもの」原画展は名古屋栄ジュンク堂さんで今月29日まで行われています。
ポチッと⬇︎よろしくお願いします。
d0367369_14393954.jpg

d0367369_14394257.jpg

d0367369_14394444.jpg





[PR]
# by kumipotpie | 2018-01-14 14:00 | Comments(0)

お正月を迎えられる幸せ

もうすぐ松も取れる頃ですが、新年明けましておめでとうございます。
年末はご注文のパイやワンコおせちを31日までお作りし無事にお仕事納めする事ができました。
12年前数日後に入院を控え、雪が積もった中で迎えた寒い寒い、おせち料理もお雑煮も用意しなかったお正月をついつい思い出してしまいますが、しめ縄や鏡餅、おせち料理を用意し、健康にお正月を迎えられるという事は当たり前の事ではないんだとあれからずっと感じています。
次の年からは母のしていた用意を出来るだけ真似てお飾りしたり、節目のしきたりを大事にしたいと思うようになりました。
それまで作った事もなかった蓮根や牛蒡、人参、干ししいたけの入った黒豆も30年前の舌の記憶を辿って祖母、母が作っていた味そのままに作れました。
(と、父が褒めてくれました。)
それから毎年黒豆を煮たり梅干しを漬けたりする度に母が隣で教えてくれているように感じます。
母が中学生の時に亡くなり、なんだか一人で生きてきたような気持ちでいるようなところが私にはありますが、両親、祖父や祖母にずっと見守り続けてもらえていると今は思えるようになりました。

自宅近くのお寺であたたかなお仲間さんたちと鐘をつかせてもらい、気持ちのよい年越しができました。
みんなみんなが元気で健やかに過ごせますように。
本年もよろしくお願いします。
ポチッと⇩よろしくお願い致します。
d0367369_11021450.jpg

d0367369_11021848.jpg

d0367369_11022237.jpg
↑無塩無糖で作ったこちらがワンコおせちでーす

[PR]
# by kumipotpie | 2018-01-11 10:40 | Comments(0)

昨日からぐんと冷えてきましたね。
名古屋も雪が降りそうですよ。
私のお店ではクリスマス大晦日までのパイのご注文をたくさん頂いております。
キャンドルのついたまあるい大きなケーキ、パイをみんながワアッと囲む。
この景色が私のお菓子作りの原点です。
クリスマスやお正月、大事なひと時を過ごされる皆様に年内最後のお届けをするまで、風邪をひかないよう、お腹を冷やさないよう、腰痛を起こさないよう、身を引き締めて大晦日まで頑張ります(笑)。
もう来年の話をしても鬼に笑われないと思いますが、1月21日日曜日15時より名古屋の栄、丸善名古屋本店さんでミニトークショー、マルゼミに出させて頂きます。
「泣いて笑って食べた!」
大腸がん発覚から転移再発5度の手術を経ても元気に過ごしていますよーというお話や、ブログを書いていた事から本の出版に至るまでのあれこれを丸善店長さん、出版社ゆいぽおとさんと楽しくおしゃべりいたします。
マルゼミさんは何度か参加させて頂きましたが、いろいろなジャンルのお話が聞け、日曜日の午後に本当に楽しいイベントです。
お近くにお住まいの方、ぜひぜひお立ち寄りください。
お会いしたいです。
ご予約は丸善名古屋本店さんまでよろしくお願いいたします。
ポチッとこちら↓よろしくお願いいたします。
d0367369_14253972.jpg

このあかーいポスターが丸善さんの一階に貼ってあるそうです。

[PR]
# by kumipotpie | 2017-12-12 14:21 | Comments(0)