人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大腸がんの手術から15年、
その後ストーマの閉鎖の手術があって
翌年肝臓の手術があって、、
その3年後と4年後に肺の手術がありました。
改めてですが、
最後の手術からは10年転移も再発もなく
元気で過ごせています。
でもでもやっぱりアイスクリームばくばく食べちゃったとか、にんにくが効いたものを食べた後はお腹が心配。
いつでもトイレに行けるよう全神経を集中です。
それがです。
今年になりこのコロナ禍、県からの要請や緊急宣言もあり私のお店もイートインはお休みしております。
お菓子やパイは焼いていますし、教室は行っているのですがどこか身体は呑気にしているのでしょう。
お腹大爆発が起きなくなりました。
お腹ゴロゴロゴローが起きない。
私は腫瘍の場所が直腸だったせいもあり、一時的なストーマのお世話になったり閉鎖したり、
肝臓右葉全摘出の影響も強かったのか
ふとふとのお腹大爆発が長く続きました。
もちろんこの間に徐々に徐々に、時には急に落ち着く時があり、そんな時は今もですが体重が増えます。泣。
いいんだか悪いんだかですが、何しろ機嫌のよいお腹と一緒に穏やかな時間をやっと過ごせるようになってきました。
そこで!今まではお土産で頂いてもとらなかった京都の美味しい七味をおうどんにかけてみたり、麻婆豆腐の、たれや唐辛子をよく落としながら豆腐だけ食べたりしています。(そこまでしてですが食べたい!笑)。
うヒヒ美味しい。
そしてお腹ゴロゴロしないよー。
嬉しい。
このコロナ禍、自宅でのんびりしていると季節が同じ事もあって15年前の術後の日々を思い出します。
働き盛りにがんになんかなっちゃってこんなにも仕事を休む事になってしまってとあせり悔しかったですが、でも毎日スープを作ったり庭にくる鶯を眺めたり、、働かなくてよいならゆっくりしようと開き直りました。
現在こんな時こそビジネスチャンスとか色々焦っちゃう事を助言してくれる方もいらっしゃいますし、不安で考えたりしていましたが
もうこうなったらコロナにならず元気でいる事がいちばんなんじゃない?と呑気になってきました。
やっと多少辛い物が食べられるようになりました。_d0367369_13041662.jpeg
こんな時間の時があってもいい。
15年前みたいに。
きっとこの呑気具合が私のお腹をのんびりさせてくれているのかな。
まっいいか!
写真は酒粕饅頭を作った時のお茶の時間。 
辛いものはまだまだ時々です。

よろしければ↓ポチッとお願い致します。




# by kumipotpie | 2021-05-17 12:31 | 大腸がん

CTの際の水分補給

一昨日は2年に1回の腸カメラとCT検査でした。
つい先日コロナの方の増床が発表された私の通う大学病院、駐車場横のテントはまた増えており、車止めの場所の変更やあちこちの入口が閉鎖され物々しい雰囲気でしたし、元々次々と病棟が建て替えられているので15年通っていてもキョロキョロしてしまい迷子になってしまいました。
CT検査を先に済ませ腸カメラの部屋に向かうあたりからお腹のあたりが痒くなり造影剤のアレルギーが出てきました。それでも検査後に薬が出るぐらいかと呑気にしていたら、10年前CTの数日後に全身の発疹と息の苦しさが出てしまった事があり、それを覚えていて下さって大ごとに、、、。
内視鏡の検査室でお尻に穴の空いた(笑)パンツやら検査着のままあれよあれよと点滴となってしまいました。
ありがたい事にこの10年再発も転移もなく検査もさらりと段々すんでいたので、腸カメラの機器やモニターに囲まれて数時間を過ごしていると手術室や病室での色々な思い出が甦ってきました。
点滴後大丈夫と判断され腸カメラの検査も始まり2年ぶりの再会、ポニョポニョ可愛い腸ちゃんに会えました。
主治医のスリッパ先生(詳しくは私の本でよろしければ、笑)は毎回腫瘍があった直腸のあたりになるとここ!ここ!綺麗だよねーわかんないよねーいいねーとドヤ顔をされます。
あんなに下剤を飲んで絶食もしたのに検査受けられないのかーと途中がっくりもきましたが無事ふたつの検査を終えれました。
造影剤のCTは前後にいつもたくさん水分を摂るよう気をつけていますが、先回は真夏に歩き回り脱水症状になったところで数日前の造影剤の影響が出たらしく、今回はおトイレ事情から水を飲まずにいたんです。
うっかりしました。
CT検査の水分補給はほんとに大事ですね。
コロナの方の受け入れで慌しい雰囲気であらゆる所で人手不足なのだろうなと検査だけの私でも感じました。
そんな中検査をして頂きちょっとお世話をおかけしてしまいましたが、ほぼ1日病院で過ごし帰路につきました。
あの可愛い腸ちゃんを汚さないようにと消化のよい胃腸に優しい食事、少食にと気をつけています。
本当はあのまま腸ちゃん綺麗なままにしておきたい。(てな訳にはいかないですが)
CTの際の水分補給_d0367369_09561018.jpg
というわけで今朝もお粥。↑今年漬けた梅干しでーす。

↓ポチッとよろしくお願い致します。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ









# by kumipotpie | 2021-01-29 09:23 | 大腸がん

昨夏大事な友人が空へと旅立ちました。

救急車で運ばれ半日ちょっとの事でした。

あまりの急な別れにどうして、なぜと繰り返すばかりの時間を過ごしていましたが、そんな思いをふと朝日新聞さんのサイトに投稿してみたところ採用して頂き

私が一年でいちばん忙しいクリスマスにびっくりする程豪華で重い重いお花が届きました。

 虹の彼方からのエール ありがとう❣️_d0367369_09291068.gif

長い人生の中、こんなに存在感のあるお花を抱きしめた事は初めてです。

彼女にありがとうを届けたいという思いからの投稿でしたが、反対に私がこの素晴らしいお花と彼女の気持ちを受けとる事となりました。

「くみちゃんは大丈夫」といつも言ってくれていた彼女、

私のケーキの大ファンでいてくれた彼女、

私が一年でいちばんたくさんのケーキを作るクリスマスに、

ダブルレインボーをお花にして届けてくれたのでしょう。

 虹の彼方からのエール ありがとう❣️_d0367369_09294706.gif

私のお店はただ今県からの休業要請に従い縮小時短営業中、この一年何度となくお店を閉める事を考えましたし、飲食店はこれからどうなっていくんだろうと不安になりながらの、ひとつひとつ壁を乗り越えながらの、模索中です。

(あれっこの感じ、気持ち、次から次へと再発転移していたあの時とおんなじだと思ったりして奮起しています。)

こんな時にもやはり彼女は虹のかなたから

「くみちゃんは大丈夫頑張って!」

と言ってくれているんだと思えました。


https://www.asahi.com/and_w/


こちらのサイトの「花のない花屋」というコーナーです。

彼女とダブルレインボーのエピソードは私の本「泣いて笑って食べた」でも書かせて頂いており、

先日も何度目かの手術を終えたばかりの方から感想を頂いたところでした。

廊下をいっぱい歩いてみえるとの事、

歩きますよね。

一歩一歩前を向いて。


↓ポチッとよろしくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ








# by kumipotpie | 2021-01-21 10:12 | 大腸がん

自営業の健康診断

今日は胃カメラと検診と、これからの打ち合わせ色々でお店をお休みしてしまいました。
私は主な術歴に近い腸カメラやCTなどの検診は手術を受けた藤田医科大学病院で受けていますが、それ以外の検診は市の検診センターや人間ドック施設ではなく、信頼できる病院をそれぞれ選び個別に受けています。
病を治したいと思って下さっている専門の医師の方々に診て頂きたいと思っているからです。
この夏はいちばん近しかった親友が持病のためお空に旅立ち、大事な友人が先月がんと判断されました。
私もその友人たちも自営業のため会社からの健康診断というものはありませんでした。
そのため私は15年前大腸がんの発見が遅れたのかもしれません。
だから、だから、まわりの友人たちには手間と時間をかけてでも自治体のワンコイン検診先はそれぞれに専門の病院を選んだ方がとおしゃべりしたりしています。
今日のモニターに写っている私の胃ーちゃん
元気そうな丈夫なよいお顔をしていました。
思春期の頃ダイエットダイエットと叫んでいる私に、今は内臓や筋肉、心身を作っている時なのだから栄養栄養と、小さな時から育ててくれ諭してくれた亡き両親に感謝の気持ちを伝えたいと改めて思う今日でした。
パパお母様ありがとう。
来週は大学病院の検診です。あー遠い。

よろしければ↓ポチッとお願い致します。↓
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ

自営業の健康診断_d0367369_20525971.gif



# by kumipotpie | 2020-10-07 20:49

2014年にお空に旅立ったコーギー桃が生きていたら今20歳。
20年なんて早いなあ。
先日彼女のお誕生日には肉食女子だった桃も好きだった初物の梨を用意しました。
私の人生最高に大変な時期、大腸がんの発見、5回の手術、3回の転移、父、義母の死去を全部一緒に乗り越えてくれた桃と、その後のひたすら無邪気な茶々丸君。
2匹ともおちびな時から私を決して起こしたりはしないのですが、あまりにも私が寝坊をしていると桃はクーンクーン大丈夫?と可愛い声で寝室の外で佇んでいてくれていました。
その声を聞いた茶々は、では僕もとドーンドーンと扉に体当たりをし、その音は私が起きるまで続きました。
でも、茶々は桃姉ちゃんが行動を起こすまでは絶対に静かにしているんですけどね。
(手術が重なりその頃は免疫力とか色々な事があり寝室に入れないでいたんです)
今は茶々君私がどれだけお寝坊をしていても私の足元でずっと一緒に眠っていてくれます。
桃ちゃん私はもう大丈夫だよ心配しないでね。
茶々を見守ってね。
ありがとう桃ちゃん。
この写真、私の入院の度に家族のように2匹を預かって下さったおうちから私が病院に向かう時、
茶々は私を追いかけ、桃はそんな茶々をたしなめていました。
今日は毎年の子宮がん乳がん検診をしてきました。
私の病歴からどんな検査もどちらでも丁寧に診察下さりありがたいです。
夏の胃疲れが収まったら次は胃カメラね。
がんを一緒に戦ってくれた桃_d0367369_21335341.gif

がんを一緒に戦ってくれた桃_d0367369_21325672.gif
よろしければ↓ポチッとお願い致します。↓
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ


# by kumipotpie | 2020-09-17 21:05