母の梅干し

今年も梅干しを漬ける事が出来ました。
最初の手術後自宅でコーギー桃とのんびり過ごしながらの休養中、初めて梅干しを漬けました。
庭に梅を並べて桃と眺めていたり、今思い出すといろんな不安を抱えながらも楽しい時間でした。
(私は食べていたり、何かしら食べものに関わっていると幸せ〜なんです。)
半年程熟成させ仕上がった梅干しは習ってもいないのに亡くなった母が漬けていたしょっぱくて酸っぱいあの味そのもの。
なんだか嬉しくなりました。
それから母の作っていた料理を思い出しては挑戦してみると面白いように同じ味に作れました。
私が14歳の時に、私が入院していた病院で亡くなった母からは直接料理を細かく習う事はできませんでしたが、おはぎもおにぎりもおせち料理も母の隣でお手伝いしているのが大好きだったので手や目、舌、体ぜーんぶで覚えているのでしょう。

温室育ちなどでいろいろな野菜は季節を問わず採れるようになりましたが、梅は今も初夏にやってきた物を塩漬けして紫蘇に漬け、真夏の太陽に干す一年に一回の季節仕事。
梅を予約していたのに入院で漬けられなかった年もありました。
梅干しが漬けられるとそれだけでホッとします。
元気に暮らせている事をありがたく思います。
この梅干しが食べられる半年後が楽しみです。


⬇︎ポチッとして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
d0367369_15373830.jpg

母というより、祖母の漬けていた梅干しの風情になってきました。母の年齢も超えてとうとうおばあちゃん⁉️
「泣いて笑って食べた!」のレシピに梅干しの作り方ものせています。
[PR]
by kumipotpie | 2017-07-31 15:15