お正月を迎えられる幸せ

もうすぐ松も取れる頃ですが、新年明けましておめでとうございます。
年末はご注文のパイやワンコおせちを31日までお作りし無事にお仕事納めする事ができました。
12年前数日後に入院を控え、雪が積もった中で迎えた寒い寒い、おせち料理もお雑煮も用意しなかったお正月をついつい思い出してしまいますが、しめ縄や鏡餅、おせち料理を用意し、健康にお正月を迎えられるという事は当たり前の事ではないんだとあれからずっと感じています。
次の年からは母のしていた用意を出来るだけ真似てお飾りしたり、節目のしきたりを大事にしたいと思うようになりました。
それまで作った事もなかった蓮根や牛蒡、人参、干ししいたけの入った黒豆も30年前の舌の記憶を辿って祖母、母が作っていた味そのままに作れました。
(と、父が褒めてくれました。)
それから毎年黒豆を煮たり梅干しを漬けたりする度に母が隣で教えてくれているように感じます。
母が中学生の時に亡くなり、なんだか一人で生きてきたような気持ちでいるようなところが私にはありますが、両親、祖父や祖母にずっと見守り続けてもらえていると今は思えるようになりました。

自宅近くのお寺であたたかなお仲間さんたちと鐘をつかせてもらい、気持ちのよい年越しができました。
みんなみんなが元気で健やかに過ごせますように。
本年もよろしくお願いします。
ポチッと⇩よろしくお願い致します。
d0367369_11021450.jpg

d0367369_11021848.jpg

d0367369_11022237.jpg
↑無塩無糖で作ったこちらがワンコおせちでーす

[PR]
by kumipotpie | 2018-01-11 10:40