絵本「キュンすけのおくりもの」

本「泣いて笑って食べた」の出版社さんが編集をされた絵本「キュンすけのおくりもの」を読みました。
実はこの絵本の絵を描かれている小島加奈子さんが「泣いて笑って食べた」を読んで下さり、感想を出版社さんから頂いていたのですが、
「大腸がんステージ4などという闘病記を読むのは怖いと思っていたけれど、重いテーマでありながら、洗練された刀で武士がバッサバッサと斬り込んでいくような潔さ、かつユーモアある軽妙な文体を凄いと思い感動しました」と書いて下さっていました。
武士がごとくバッサバッサ、、、ぷぷぷぷぷ。
出版社さんも私も吹き出してしまい、あまりにその感想が嬉しく次の日親しい友人に話をしていると、なんとその友人は小島加奈子さんと大学デザイン科の同級生さんだとわかったのです。
友人は「加奈子さん凄い!クミちゃん(私)に会っていないのにクミちゃんの性格まで言いあてているよう」と。

えっ?!(笑)

学部年代(私が随分お姉さん)は違えども私も同じ愛知県立芸大の同窓生ですし、、、。
偶然にも繋がった?引き寄せられた?ご縁を嬉しくありがたく思いながら、今ジュンク堂書店さんで「キュンすけのおくりもの」原画展が行われている事も知りすぐに足を運びました。
小島加奈子さんは現在北海道在住、住んでいらっしゃる森にはキュンすけのような小鳥や小さな生き物がいっぱいいるんだろうなあと思わせてくれる絵本の中の風景を仕事帰りに眺める事ができ、優しい気持ちで1日を終えられました。
「キュンすけのおくりもの」には病院の庭に巣を作ったムクドリのお話がでてきます。
私も入院中、病棟と病棟をつなぐ回廊にムクドリの巣があり、赤ちゃんムクドリがお腹すいたお腹すいたって顔を出しているのをよく眺めにお散歩に行っていました。
病室からは遠い場所でしたが、赤ちゃんムクドリに会いたくて、まだまだ歩くのが辛い頃でも夕方の日課にしていました。
今は病棟の増築でその回廊はなくなりましたが、近くを通るとあのムクドリ家族がいてくれた、回廊のあった場所に目がいきます。
あの赤ちゃんムクドリたちは今は大人になってどこを飛んでいるのでしょうか。
日本?シベリア?南の島?
「キュンすけのおくりもの」原画展は名古屋栄ジュンク堂さんで今月29日まで行われています。
ポチッと⬇︎よろしくお願いします。
d0367369_14393954.jpg

d0367369_14394257.jpg

d0367369_14394444.jpg





[PR]
by kumipotpie | 2018-01-14 14:00 | Comments(0)