人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 33 )

昨日からぐんと冷えてきましたね。
名古屋も雪が降りそうですよ。
私のお店ではクリスマス大晦日までのパイのご注文をたくさん頂いております。
キャンドルのついたまあるい大きなケーキ、パイをみんながワアッと囲む。
この景色が私のお菓子作りの原点です。
クリスマスやお正月、大事なひと時を過ごされる皆様に年内最後のお届けをするまで、風邪をひかないよう、お腹を冷やさないよう、腰痛を起こさないよう、身を引き締めて大晦日まで頑張ります(笑)。
もう来年の話をしても鬼に笑われないと思いますが、1月21日日曜日15時より名古屋の栄、丸善名古屋本店さんでミニトークショー、マルゼミに出させて頂きます。
「泣いて笑って食べた!」
大腸がん発覚から転移再発5度の手術を経ても元気に過ごしていますよーというお話や、ブログを書いていた事から本の出版に至るまでのあれこれを丸善店長さん、出版社ゆいぽおとさんと楽しくおしゃべりいたします。
マルゼミさんは何度か参加させて頂きましたが、いろいろなジャンルのお話が聞け、日曜日の午後に本当に楽しいイベントです。
お近くにお住まいの方、ぜひぜひお立ち寄りください。
お会いしたいです。
ご予約は丸善名古屋本店さんまでよろしくお願いいたします。
ポチッとこちら↓よろしくお願いいたします。
丸善名古屋本店さんのイベントご案内_d0367369_14253972.jpg

このあかーいポスターが丸善さんの一階に貼ってあるそうです。

by kumipotpie | 2017-12-12 14:21

桑田佳祐さんのコンサートに行きました。私は自他共に認める面倒くさがりでややこしいチケットを取るとか全く不向きなのですが、夏の平成中村座も友人が80何回電話をかけてくれ、今回も別の友人がCDを買ったりしてから?のシステムの中4名分チケットを取ってくれました。(みんなありがとうごじゃいます。)
桑田さんはアルバムを買ったりした事はないのですが、もちろん白い恋人たちや明日晴れるかな、大好きです。
同年代のお姉さんやお兄さんたち5万人にまぎれトイレにトイレにと騒ぎながらナゴヤドームに入場。
前半、新しいアルバムの知らない曲が続き、ファンの方いきなり総立ちしちゃうしキョトン?って感じでしたが、渡されていた腕時計型のライトが勝手に赤くなったり白くなったりして5万個のキラキラがドーム中に光り出し、白い恋人たちが流れ、ステージに雪が降り出し始めたら楽し〜〜〜い!
61歳の桑田さん、全く年齢を感じさせない、若々しい動きとお声で30数曲を歌われ5万人を感動させる元気にしちゃうパワーってすごいなあって思いました。
コンサート後友人たちと食事をしていると「食道がんの休養の後も声も全然衰えていないしすごいね!」って友人。
あっそうでした、その事忘れていました。
そのぐらい元気で何も変わらない彼でした。
でも別の友人が「みんな元気で元気で幸せにねって何度も桑田さん、お坊さんか教祖様みたいだね」って。
私は全く違和感を感じませんでしたが、私もちょうどつい最近人の前で話している姿が説教を説くお坊さんか教祖みたいと言われました。(えっ?!)
私もきっとみなさんお元気でお元気でって言ってたのかな。
健康な事、病気でない事、普通な事に思われるかもしれませんが、そうではないと思い知らされる経験をするとその事がいちばん大事って何度も何度も口にしているのかもしれません。
あれだけたくさんの方を元気にしている桑田さん、桑田さんもみんなに元気をもらえているんですよね。
あ〜〜〜楽しかった。
12月は私の仕事柄いちばん忙しい季節、大晦日までパイやワンコおせちを作ります!
元気に忙しく仕事できる事がありがたいです。
がんばるぞ。

ポチっとポチっと↓よろしくお願い致します。
A piece of pie !ではこんなストロベリーパイやミートパイ、サワーチェリーパイを作っています。
お坊さんか?教祖様か?桑田さんのコンサートに行きました。_d0367369_11134300.jpg







by kumipotpie | 2017-11-22 10:45

私のお店A piece of pie!は駅前ながらビルの端っこの分かりにくい廊下の奥を上がった二階にあるのですが、一階にはチケットセンターがあるのです。
切手も収入印紙もストックをしておく必要がなく、とーても便利なのですが、両替代わりに(失礼)いつも映画のチケットを買っているのでほいほいと映画には行けています。
最近観たのは「ルコルビジェとアイリーン」と坂本龍一さんのドキュメンタリー映画「CODA」の二本です。
美しく生きたいなあと思える映画二本でした。_d0367369_16272190.jpg

坂本龍一さんが東北の震災で海に浸かってしまったピアノを弾くところから咽頭癌の治療後復帰するまでのドキュメントという事でしたが、40年程前のYMOからの音作りをずっと追っていくという内容でした。
戦場のメリークリスマスやシェルタリングスカイなどで映画音楽を担当し世界的な評価を受けた後に、どんどんとシンプルな音づくりになっていかれ、ケニアの世界最古と言われる民族の方の住む村の海や波の音、北極の湧き水の音、氷の中で鳴らす鐘の音、バゲツをかぶって感じる雨の音、そんな音を見つけた時の満面の笑みの彼の姿が印象的な1時間半ちょっとの映画でした。
彼のいちばん新しいアルバム「async」をダウンロードして今聴いていますが、世界中のあちこちで彼が集めた音たちがバッハのコラールのようなメロディと共に奏でられています。
アマゾンのコメントをふと読むと、がんになったせいか死を感じる、暗いと数名が書いていらっしゃいました。
教会音楽のメロディですし、明るい音楽ではないのでそう思われるかもしれませんが、研ぎ澄まされた美しい音でした。
40年程の間に彼のアルバム数枚を買っていますがその中でもとても美しいと感じました。
年齢と共に余計な部分はあらゆる意味でそぎ落としていけれる事が生き方として理想だと私は思っていますが、がんとか命が関わる一大事が起きたりすると、いきなり引き算していくような所があるなあとこの12年間の私をも重ねながらエンドロールを眺めていました。
もう一本の「ルコルビジェとアイリーン」は日本人にとって有名なルコルビジェを主人公のように思わせておこうという邦題がおかしいし、「CODA」も震災のピアノや原発反対の部分だけを強調しているけれどそんな映画ではありません。
彼に失礼かもしれないけれど彼にとっていちばん大事なのは美しい音がありそれを感じられる、ただそれだけの事ではないかなあと思いました。
もう一本の映画の主人公、アイリーングレイは自由のためには孤独を恐れないという生き方をしたデザイナーさん、
美しく生きたいと強く思える、二本の映画でした。
先日、大きな書店の店長さんとご一緒していたら「本って危険なんですよ、だって生き方にまで影響するでしょ」ってお話をされていました。危険っていいなあ。
映画も危険、ぷぷぷ。

ポチッと↓よろしくお願いします。

今年初夏に漬けた梅干しを食べてみたらありゃ!もう美味しい!
毎年出来上がりの味は違うけれど毎年美味しいなあ。
美しく生きたいなあと思える映画二本でした。_d0367369_16150170.jpg



by kumipotpie | 2017-11-15 15:03

朝晩はぐんと冷えてきましたが、日中は暑かったりでお風邪ひかれている方が多いですよね。
私は今年の夏くたびれていたので涼しくなればなる程なんだか体調ばっちしです。
夏はどうしても冷たいものを食べたり飲んだりしてしまうのでお腹の調子も崩しました。
開腹手術後すぐの時はそんな際もお腹は大爆発をおこしていましたが、今年は腸の動きがよく止まっていました。
お腹は張るし腰まで痛くなってくるし、、、つらいつらい。
こんな時、私はカレーを食べます作ります!
スパイスと野菜で腸を動かしちゃえ!
(といっても随分とマイルド、ハラキリ娘は激辛は食べられません。)
という事で、
・お豆腐カレーの作り方
玉ねぎ1個は薄切りにしオリーブオイルでゆっくりとゆっくりと炒めます。
カレー粉大さじ2を加えて炒めます。
(ここで、あればクミンやコリアンダーも入れてください。)
人参、茄子各1本は乱切りにし加え、ひたひたの水を注いで野菜が柔らかくなるまで煮ます。
水切りした豆腐1丁を崩しながら入れ、塩、胡椒、はちみつすこーしで味を調えます。
料理教室でお教えする時にはこちらにニンニクやライムの絞り汁、ヨーグルト、グラムマサラなど入れてビシッときめますが、おうちのごはんは少しぼけてる、足りないぐらいの味がよいと思っているのでこれで出来上がり!
あっさりさっぱりカレーです。
私のお腹も今は強くなりました。
刺激が強すぎない、動物性のものは何も入れていないカレーです。
よろしければお試しください。
ポチッと↙︎よろしくお願い致しまぁす。
お腹の動きが止まったらカレーです。_d0367369_15442001.jpg






by kumipotpie | 2017-11-07 15:07

患者会のランチ会

昨日は頭頸部(口やのど、舌)のがんの患者さんたち24名様がApieceofpie!でランチ会を開いて下さいました。
頭頸部のがんは治療や手術を行なっている病院がとても少なく、それに伴い治療術後のケアの研究、情報もほとんどなく、患者の皆さんや看護師さん歯科衛生士さんが集まりみんなで考えていこうと集まられた会だとお聞きしました。
昨日会でもお話ししましたが、場所や悩みは違えどもみなさんのお困りになったところをずっとずっと進み、胃や腸のもっと先の先の先〜〜のおちりの手前におかしなものができてしまった私も、術後食べられない、外食できないという時期がありました。
そんなあの時の淋しさを思い出しながら、みなさんに食べる楽しみを思い出して頂こうと考えたメニューは
ご家族の食べている料理をその方だけつぶして柔らかくして食べるというのではなく、ご家族の方も誰もが美味しいと思え、且つ安心して食べられるという料理を考え、昨日はお作りしました。
嗅覚や視覚でも楽しんで頂きたいとも考えました。
スープやお粥は私も回復時嫌になるぐらい食べましたので、まずは瑞々しいサラダの風味を味わって頂きたいとヨーグルトときゅうりのゼリーディル風味をいちばんにお出ししました。
あとは
・豆乳豆腐生姜風味
・ポルチーニのポタージュ
・フワフワはんぺんのオーブン焼き
・トマトリゾット
・カスタードクリームラズベリーと薔薇   のソース
全て普通に料理教室でもお教えしたりお店で作っているメニューです。
それでも私が理解していないお悩みなどあり美味しく召し上がって下さるだろうかと心配でしたが、食べられないものはもっとつぶしたりされながらもみなさん笑顔で食事を楽しんで下さっていました。
会をまとめていらっしゃるスタッフの方たちはここまでに3年がかかったけれどと感無量の表情でいらっしゃいました。
ここからまたきっと会の夢がどんどんと広がっていかれるのだと思います。
会の後ぼんやりとお茶をしながら、またお手伝いできる事があった時にはと私もいろんな妄想を繰り広げていました。

よろしければ↙︎ポチッとお願い致します。
患者会のランチ会_d0367369_14575052.jpg

患者会のランチ会_d0367369_14575327.jpg

患者会のランチ会_d0367369_14575772.jpg

患者会のランチ会_d0367369_14580089.jpg




by kumipotpie | 2017-10-30 14:09

先日、55才になりました。
四捨五入をすれば(しなくてよい?)もう還暦です。
わおっ。

がんではないか?と思い始めたのがちょうど12年前の今頃。
(43歳になった頃でした。)
それからがんと分かり5度の手術、父、父の奥さんである義母、我が愛するコーギー桃までみんなが急に旅立ってしまい、それに伴うごちゃごちゃ、アピースオプパイのオープンやらいろいろいろいろあったこの12年。
長かったような、短かったような、、。
それでもそれでも今私は元気いっぱいでいるのです。
55年前、根っからせっかちな私は予定日よりふた月も早く生まれてきてしまい、ちいちゃなちいちゃな1000g代の未熟児ちゃんとして世の中へ現れてきてしまいました。
母は命も危ういと言われている私をガラス越しにしか見られず、抱っこも勿論できず、毎晩泣いていたと聞きました。
母が退院後も私は数ヶ月病院で過ごし無事に退院。
そんな私を幼少期は多少過保護気味に大事に、丈夫に、大きく、食いしん坊に育ててくれた亡きパパとお母様(呼び方ちぐはぐでした。)には感謝の気持ちでいっぱいです。
親孝行なんて思いが芽生える前に逝ってしまった両親ですが、桃と一緒に空の上で楽しく食卓を囲んでくれていると思います。
どうか桃をよろしくね。
数年前からお誕生日はこんな思いで過ごすようになりました。
今年は、1日違いのお誕生日の可愛い妹分ちゃんから、アンハッピーバースデー!という知らない言葉をもらって感激しました。
みなさんもアンハッピーバースデー!

よろしければ↓ポチッとお願い致します。

50歳の時に、友人と合同のお誕生日パーティーを開きミスドタワーを作りました。
100個のドーナツを買い込んで載せた車はすごい匂いでしたっけ。
次回は100歳のお誕生日に作ろうと思っています。(笑)
ミスドタワーは次回100歳で!_d0367369_18562466.jpg






by kumipotpie | 2017-10-12 18:32

秋空の気持ちのよい日曜日になり、近くの小学校からは運動会のアナウンスが聞こえてきます。
今朝の朝ごはんはたっぷりキャベツのさばサンド。
ちょっと前、巷では少し流行る気配もみせたサンドイッチでしたが、青魚は苦手って女性はやはり多く、街ではあまり見かけなかったような気がします。
(こういう物こそおうちでがいちばん!)
私は一度鯖のお鮨を食べて発疹がでちゃった事がありましたが、懲りずに食べ続けている程鰯とか鯖とか三河湾でとれるギンポとか大好きです。
てな訳で今朝も作りおきしてある青魚オイル煮シリーズの鯖をほぐしコールスローとはさんでさばサンドです。
私のお腹は、こちらを読んでくださっているハラキリ仲間さんもそうだと思うのですが、生の野菜や果物、玄米などを食べていると口に入れて咀嚼している間に間にお腹が動き出します。
過剰すぎる時はちょっと困りますが、身体が動いてるよーって感じは特に朝は気持ちよいです。
野菜も魚も肉も生の生き生きとした力ってすごいと思います。
なので朝はりんごとか梨とかかじりながら朝ごはんの用意をし、生野菜をがつーんと食べて1日をスタートさせてます。
(外でお腹大爆発させないようにって思いもあります。)
さばサンドの鯖は以前にご紹介した鰯のオイル煮と作り方は全く同じ。
鯖の切り身に塩をまぶし15分、沸騰させないように熱したオリーブオイルで15分煮ます。
さすがに鯖は骨は食べられませんが保存がきくので便利です。
キャベツのコールスローはせん切りしたキャベツに塩をしぎゅっと絞ります。
玉ねぎ氷をポロポロと、マヨネーズ少しで味をつけます。
術後お腹がもっと敏感だった時ストーマ時など、玉ねぎやにんにく、葱を食べると大爆発をおこしていたので食べられない時もありましたが、玉ねぎは成分風味からいっても摂りたいもの。
そこでこんな物を作るようになりました。
(玉ねぎ氷の作り方
玉ねぎをざく切りにしミキサーに入れひたひたの酢とちょびーっとのはちみつを加え回し、ジップロックに入れうすーく凍らせておくと玉ねぎのみじん切り代わりに使えたり、サラダにのせたりして便利に使えます。
私の自宅の冷凍庫は玉ねぎ氷ときのこ氷がいっぱいです。
よろしければお試しくださいね。

ポチッと(ペコリ)よろしくお願い致します。
日曜の朝、感度の良すぎるお腹です。_d0367369_14242034.jpg


by kumipotpie | 2017-10-08 13:32

今月、辻製菓学校の同級生ちゃんたちと我が街名古屋でプチ同窓会を開く事になっており、名古屋名物って何かな?って思っていたところ、たまたまテレビで味噌煮込みうどんの名店山本屋本店さんのドキュメントを見ました。
中部地方で数十軒もあるお店ですが、麺は今も職人さんたちが捏ねたり寝かしたりを繰り返す手間暇をかけた手打ち、お出汁もそれぞれの店内で数種類の鰹節から毎朝とってみえるという事でした。
改めて味噌煮込みうどん凄い!と見入ってしまいましたが、お値段少々高めなのは理由があるわあと納得できちゃいました。
塩の入っていない硬めの麺の生地を体重をかけて練ったりまとめたりしている職人さんの姿を見るだけで私の腰も痛くなってきそうでした。
というのも私は元々10代の頃から腰痛持ちで疲れが全て腰にくる方に加え、今はパイの生地を練ったり折り込んだり中腰が続き腰ガクガクです。
20代の時、お世話になった飲食業での師匠のお兄さんがご自分のお店を持たれた直後に大腸がんになってしまいあっという間に天国に旅立っていかれました。
身内以外での身近な方の死は初めてでとてもショックで大腸がんという病気もその時初めて知りました。
私はそのショックからと、不調になるとお腹が張ったりお腹の調子をこわしたり腰痛があったりだったので、毎朝神棚に手を合わす時に今日もみんなが元気に過ごせますように、に加えそれから数十年「お腹の病気や大腸がんになりませんように」とお願いしていました。
そんな不安があたってしまったのか、暗示にかかってしまったのか大腸がんになってしまった訳ですが、肝臓に転移をし手術をした後は眠る前に「がんが再発転移しませんように」って手を合わせて毎晩呟いていました。
肺の2回の手術後そういうお祈りお願いは知らぬ間にしなくなりました。
がんの事ばかり考えて毎日を過ごす事にホトホト嫌気がさしていました。
(といって目を背けられるものでもありませんが)
意識してかどうかは忘れましたが、今は、今元気でいる事いられる事に感謝だけするようにしています。

味噌煮込みのお話からこんなお話になってしまいました。
名古屋名物は私としては山本屋さんの味噌煮込みうどん、ヒラヒラ鰹節ののったきしめん、コンパルのエビフライサンド、あんかけスパゲティかな。
意外と櫃まぶしや味噌カツは食べないんですよ。
(鰻は年に一度ぐらいここぞ!って時のご馳走としているので決まったお店で上鰻丼食べます!)
名古屋名物ではありませんが、名古屋にいらしたら私のカフェA piece of pie !にもぜひお立ち寄りくださいね。
名古屋市千種区池下1の4の11.2階
(地下鉄東山線池下駅駅前です)
先週末も本を読んでと素敵なマダムがいらして頂きおトイレ話に花が咲きました。嬉しかったです。

こちらに↓ポチッとして頂けたら幸いです。

昨日はお掃除や洗濯などしながら久しぶりに玄米スープを作っていました。
辰巳芳子さん直伝のスープをいただいた事がありますが、美しい澄んだ琥珀色で何かの味が特出していない素晴らしいお味でした。
昨日の私の玄米スープは何だかお茶みたいでした。(チーン。)
味噌煮込みうどんのお話から、もうお願いはしません!_d0367369_14403747.jpg

味噌煮込みうどんのお話から、もうお願いはしません!_d0367369_14404258.jpg



by kumipotpie | 2017-10-02 14:03

先日、中日新聞さんにて「泣いて笑って食べた!」を大きく記事に取り上げて頂きました。
医療版で紹介されていた「泣いて笑って食べた!」を社会部のデスクさんが買って読んで下さり取材を決めて下さって、その事がとても嬉しかったです。
実際にいらしたお若い記者さんも、本を読んでといらして下さるお客様も、がんの転移と手術を繰り返したというイメージからか、もう少しか弱い私を想像されるようで私を見ると「まあ背が高くてお元気そうで!」とみなさんおっしゃられます。
ぷぷぷ。
えへへ。
記者さんは私をとても強く、迷う事もなく、しつこく現れるがんに立ち向かったという印象を持たれたのでしょう。
記事の内容はちょっと無謀なぐらいに突き進んだというものに私には思え少し心配しましたが、本を監修して下さった主治医さんからの「僕は何度も何度もしっかりと読みました。本を読んでもらえば分かります。大丈夫!心配いりません!」
の言葉にホッとしました。
まあまあ心配性なのですよ、本当は私(笑)。

12年前の今頃、妙な体調の悪さを感じ、秋冬といくつもの検査で不安に過ごし、結局クリスマス前の夕暮れ時に大腸がんの告知を受けました。
あの時の私のような方が本を読んで下さった時に何か明るい光を感じて頂けたらと思い「泣いて笑って食べた!」を書きました。
新聞の記事を読んでとお店に遠方からいらして下さるお客様もいらっしゃいます。
想像以上に元気でがっしりとした(笑)私を見て頂ける事も明るい光を感じられる事であるならばこんな私でよかったなと思います。
ゆっくりしたお茶の時間をお過ごし頂けたら嬉しいです。

今年の名古屋の夏は蒸し暑くて、神経痛もあり本当にくたびれました。
やっと今涼しくなって冷房で足も冷えないし、ぐっすり眠れるし、夏カサカサ苦かった人参も美味しくなって、暑い時は食べにくい玄米も美味しく感じられあ〜〜嬉しい。
ちょっと玄米が重いと感じる時の私のお気に入りな玄米の食べ方です。
よろしければお試しください。

・玄米レモンライス
1.玄米は普通に炊き少し冷ます
2.玉ねぎ胡瓜は薄切りにして塩もみする
3.マッシュルームは薄切りにする
4.レモン汁とピーナッツオイル(お好みのオイルで)は同量を合わせ、めんつゆとナンプラーをすこーしたらす
5.玄米と野菜、ドレッシングを混ぜる
少し時間を置くと味がなじみます。
野菜は茗荷アサツキに変えたり、しらす、ささみのゆでた物や干物の焼いた物をほぐして入れたり色々バリエーションを変えられますよー。

暑さ寒さも彼岸までバンザーイ!
よろしければ⬇︎ポチッとお願い致しま〜す。
新聞の記事と、玄米レモンライス_d0367369_18562960.jpg


by kumipotpie | 2017-09-29 18:17

私の住む名古屋の隣町の豊田市にある豊田市美術館に行ってきました。
豊田市は元々挙母市って名前の町でしたが、車のトヨタさんが会社をこの町に作り大きくなっていった時に市の名前まで豊田になっちゃったっていう町です。
(愛知県外の方へご説明してみました。)
さて、初めて訪れる美術館、ワクワクと駐車場から歩いていくと、甘夏やゆずの酵素ジュースやフェアトレードのコーヒーを売っている屋台があったり、建物に向かって長いスロープを上がっていけば思いがけず目線の高さに池と空が広がり、もうこれだけで楽しい〜。
(私は)お店を営業しており、ワンコもいて旅行ってなかなか出来なくて、こんな風に隣の街に来たり、電車に乗ったりするだけで旅気分楽しい〜。
今回は「奈良美智展」に来たのです。
奈良美智さんの作品を始めて見た、きっと20年程前、描かれている一瞬可愛い女の子が血の付いたナイフを持っていたり、牙が生えていたりお目々も怖くて、
加えてナラミチさんという女性が描いているとばかり思っていましたが、奈良美智さんはなんと私が通っていた芸術大学の部は違えど同級生の男性でした。
今までヴィエンナーレなどでたくさんの作品の中のひとつとして見た事はあってもあの女の子だけいーっぱい見る事は始めてでした。
奈良美智さんご本人が展示を考えられただけあって作品が壁の上の方にかけてあったり下の方だったり、小屋があったり立体的な女の子もいて見ごたえ充分、友人はこれからでも年間パスポートを買おうかと言っていました。
豊田市美術館よいなあー。
最近美術館で展示を見ていると、分かりやすくするためしょうがないかもしれないけれど、作品の説明が多すぎるのが気になると私は思っていました。
「この2つの椅子は2人の関係を表しておりこれからの悲劇を予感しているようなのです」みたいな説明を読むとそうかもしれないけれど、そんな事は見る人の自由だと思うし、妄想や感性の邪魔なんじゃないかなあと。
奈良美智展はそんな説明もプロフィールや年表もなくて自由に見られて楽しかった。
36年前、酒屋の前掛けをつけたおじさんみたいな美術学部の同級生さんたちや、切腹自殺を試みた人やたぬきやリスのいる森の中の大学に入学しちょっとびっくりもしたけれど、私たち同じ大学で一緒よねー、とか同じような環境よねーなんて事からは無縁な、自由で、いろいろな人がいてそれが当然普通みたいな世界に4年間だけれどいられた事は素晴らしい経験だったと思います。
私は私!ってどんな時も、がんになっても思い続けられたのもそんなおかげかな。
あ〜〜休日幸せ!
「奈良美智展」副題は for better or worse 。

ポチッと⬇︎して頂けたら嬉しいです。

豊田市美術館「奈良美智展」へ_d0367369_13405661.jpg







by kumipotpie | 2017-09-19 12:40