先日、中日新聞さんにて「泣いて笑って食べた!」を大きく記事に取り上げて頂きました。
医療版で紹介されていた「泣いて笑って食べた!」を社会部のデスクさんが買って読んで下さり取材を決めて下さって、その事がとても嬉しかったです。
実際にいらしたお若い記者さんも、本を読んでといらして下さるお客様も、がんの転移と手術を繰り返したというイメージからか、もう少しか弱い私を想像されるようで私を見ると「まあ背が高くてお元気そうで!」とみなさんおっしゃられます。
ぷぷぷ。
えへへ。
記者さんは私をとても強く、迷う事もなく、しつこく現れるがんに立ち向かったという印象を持たれたのでしょう。
記事の内容はちょっと無謀なぐらいに突き進んだというものに私には思え少し心配しましたが、本を監修して下さった主治医さんからの「僕は何度も何度もしっかりと読みました。本を読んでもらえば分かります。大丈夫!心配いりません!」
の言葉にホッとしました。
まあまあ心配性なのですよ、本当は私(笑)。

12年前の今頃、妙な体調の悪さを感じ、秋冬といくつもの検査で不安に過ごし、結局クリスマス前の夕暮れ時に大腸がんの告知を受けました。
あの時の私のような方が本を読んで下さった時に何か明るい光を感じて頂けたらと思い「泣いて笑って食べた!」を書きました。
新聞の記事を読んでとお店に遠方からいらして下さるお客様もいらっしゃいます。
想像以上に元気でがっしりとした(笑)私を見て頂ける事も明るい光を感じられる事であるならばこんな私でよかったなと思います。
ゆっくりしたお茶の時間をお過ごし頂けたら嬉しいです。

今年の名古屋の夏は蒸し暑くて、神経痛もあり本当にくたびれました。
やっと今涼しくなって冷房で足も冷えないし、ぐっすり眠れるし、夏カサカサ苦かった人参も美味しくなって、暑い時は食べにくい玄米も美味しく感じられあ〜〜嬉しい。
ちょっと玄米が重いと感じる時の私のお気に入りな玄米の食べ方です。
よろしければお試しください。

・玄米レモンライス
1.玄米は普通に炊き少し冷ます
2.玉ねぎ胡瓜は薄切りにして塩もみする
3.マッシュルームは薄切りにする
4.レモン汁とピーナッツオイル(お好みのオイルで)は同量を合わせ、めんつゆとナンプラーをすこーしたらす
5.玄米と野菜、ドレッシングを混ぜる
少し時間を置くと味がなじみます。
野菜は茗荷アサツキに変えたり、しらす、ささみのゆでた物や干物の焼いた物をほぐして入れたり色々バリエーションを変えられますよー。

暑さ寒さも彼岸までバンザーイ!
よろしければ⬇︎ポチッとお願い致しま〜す。
d0367369_18562960.jpg


[PR]
by kumipotpie | 2017-09-29 18:17

私の住む名古屋の隣町の豊田市にある豊田市美術館に行ってきました。
豊田市は元々挙母市って名前の町でしたが、車のトヨタさんが会社をこの町に作り大きくなっていった時に市の名前まで豊田になっちゃったっていう町です。
(愛知県外の方へご説明してみました。)
さて、初めて訪れる美術館、ワクワクと駐車場から歩いていくと、甘夏やゆずの酵素ジュースやフェアトレードのコーヒーを売っている屋台があったり、建物に向かって長いスロープを上がっていけば思いがけず目線の高さに池と空が広がり、もうこれだけで楽しい〜。
(私は)お店を営業しており、ワンコもいて旅行ってなかなか出来なくて、こんな風に隣の街に来たり、電車に乗ったりするだけで旅気分楽しい〜。
今回は「奈良美智展」に来たのです。
奈良美智さんの作品を始めて見た、きっと20年程前、描かれている一瞬可愛い女の子が血の付いたナイフを持っていたり、牙が生えていたりお目々も怖くて、
加えてナラミチさんという女性が描いているとばかり思っていましたが、奈良美智さんはなんと私が通っていた芸術大学の部は違えど同級生の男性でした。
今までヴィエンナーレなどでたくさんの作品の中のひとつとして見た事はあってもあの女の子だけいーっぱい見る事は始めてでした。
奈良美智さんご本人が展示を考えられただけあって作品が壁の上の方にかけてあったり下の方だったり、小屋があったり立体的な女の子もいて見ごたえ充分、友人はこれからでも年間パスポートを買おうかと言っていました。
豊田市美術館よいなあー。
最近美術館で展示を見ていると、分かりやすくするためしょうがないかもしれないけれど、作品の説明が多すぎるのが気になると私は思っていました。
「この2つの椅子は2人の関係を表しておりこれからの悲劇を予感しているようなのです」みたいな説明を読むとそうかもしれないけれど、そんな事は見る人の自由だと思うし、妄想や感性の邪魔なんじゃないかなあと。
奈良美智展はそんな説明もプロフィールや年表もなくて自由に見られて楽しかった。
36年前、酒屋の前掛けをつけたおじさんみたいな美術学部の同級生さんたちや、切腹自殺を試みた人やたぬきやリスのいる森の中の大学に入学しちょっとびっくりもしたけれど、私たち同じ大学で一緒よねー、とか同じような環境よねーなんて事からは無縁な、自由で、いろいろな人がいてそれが当然普通みたいな世界に4年間だけれどいられた事は素晴らしい経験だったと思います。
私は私!ってどんな時も、がんになっても思い続けられたのもそんなおかげかな。
あ〜〜休日幸せ!
「奈良美智展」副題は for better or worse 。

ポチッと⬇︎して頂けたら嬉しいです。

d0367369_13405661.jpg







[PR]
by kumipotpie | 2017-09-19 12:40

嬉しい再会

少し前の事だけれど、嬉しい嬉しい再会がありました。
彼女は東京で活躍するアーティストさん、4年前お仕事で名古屋にいらした時空き時間に、ありきたりなチェーンのお店ではお茶したくない!って入りづらい(笑)A piece of pie !に勘を働かせて上がってきて下さいました。
彼女がいらっしゃる間に私が業者さんにかけていた電話の「アーモンドプードル1キロお願いします。」って言葉に反応して下さってプードル(犬)が1キロ?なんて事から彼女とのおしゃべりが始まりました。
それから彼女のファンの方もいらして下さるようになり、今からライブに行くよって男子君には焼き菓子を託したり、テレビで拝見したり、
そんな何年間が過ぎ数ヶ月前の事、彼女のサイトを覗くと、活動を少しお休みするとお知らせがありました。
元気に過ごしていらっしゃるとばかり思っていた年の離れたお姉ちゃん(私)はこんな時はおやつです!とばかりに、ドライフルーツたっぷりの焼き菓子を食べてもらいたいと思ったのですが、事務所に手作りのお菓子などお送りし彼女に届くものだろうかと少し心配になり、お手紙と「泣いて笑って食べた!」の本を送りました。
サイトの中の彼女の文に、心の中にどうしようもない魔物を抱えているというような言葉があり、私のお腹(随分とおちり寄り)の中のあの薄気味悪いぐちゃぐちゃを思い出したのです。
ちょっと魔物の質が違えどもあの時の私を思い出しました。
それからもどうしているかなあと思っていた先日、彼女は突然マネージャーさんお二人と一緒に「会いにきたよー」って私を驚かそうとやってきてくれました。
嬉しかったです。
一度しか会った事はなく、年令も仕事もいろいろと違ったとしてもこんな再会ができるんだとびっくりし、半泣き顔をしてしまいました。
彼女も今書く、描くという事が楽しいという事、少しずつまた活動されていくというお話を聞かせてくれました。
彼女の本、絵、歌、どんな世界がこれからまた広がるのかなあ。
お送りしようと思っていたドライフルーツケーキは帰りの新幹線で食べてねって直に渡す事ができました。
お菓子を作る仕事をしていてよかったと思いました。でも、例えば私が扇子を作る仕事をしていて彼女に扇子を渡していたら、私は扇子を作れてよかったって思っていたと思います。ぷぷぷ。
ポチッと⬇︎して頂けたら嬉しいです。
今日の作り置き、いちじくのコンポートをたくさん作りました。
いちじくの皮を剥き半分に切り、飲み残しの白ワインにお好みの砂糖とあればバニラビーンズ、シナモンスティックなど入れて沸かし、いちじくにジャーッとかけて冷やします。
香りがよくなってこの食べ方がいちばん好きです。
いちじくは腸の動きもよくしてくれますしミネラルカリウムも豊富、そして今もこの時期しか食べられない果物って嬉しいですね。
[#d0367369_20460502.pngv>

[PR]
by kumipotpie | 2017-09-06 14:34

あっという間にもう9月、なんだかこの1年程バタバタと過ごしていたため、8月は座骨神経痛やらお盆休みやらで強制的にのんびり時間を過ごさせてもらいました。
今回普段より随分とペースを落として過ごしてみて気付いた事、
あっ私ゆっくりとごはん食べてる。
仕事の作業もあれの間にこれやってあれやってではなく、ひとつずつ終わらせようとしている。
意識的ではなかったのでこの変化びっくりしました。
小さな頃から愚図愚図、早くしなさーいって言われて育ったせいか(笑)いつも慌てて生きてきたけれど、
11年前、初めて手術を受け、痛くて体力もなくしゆっくり動かざるを得なかったって事もあるけれど、がんという壁にぶち当たり生き方過ごし方反省をしたのにな。
また最近走り回ってたね。
でもね、今回改めて分かったのだけれど、慌ててバタバタ作業をしても、大急ぎで食事をすませても結局は時間をすごーく得している訳でも効率よく動いている訳でもないんじゃないかなって。
慌てても、のんびり動いていても結果ってあまり変わらない。
何もないと分からないけれど痛かったりくたびれたりしていろいろと感じました。
普段、人一倍誰よりも元気な私でもこういう時は絶対無理をしませんし、慎重になります。
これはがんのおかげです。
お酒もほとんど飲まず、外食もせずだったおかげで先日の血液検査も満点満点、満点以上だねって120点貰えました。
本当に私にとっては夏休みな今年の夏でした。

「泣いて笑って食べた!」にのっているお腹に優しい簡単レシピの中でもコレ作ったよーっていちばんに言って頂けている”鰯のオイル煮”今日はたくさん作り置きしました。
小さめな鰯をはさみでちょきんと頭を切り内蔵を除き塩をふり15分、
オリーブオイルと鍋にかけ沸騰させないよう15分煮ます。
オイルのまま冷蔵庫で保存、骨も食べられちゃいます。
日持ちもしますし、和食のごはんにもサラダにもパスタにもよいですよー。
作りたいなあと思って下さいましたらポチッと↓して頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
d0367369_21325118.jpg








[PR]
by kumipotpie | 2017-09-03 20:43